Autumn culture festival in 宝住寺 #1

お月見コンサート改め「宝住寺:秋の文化祭」を、9月26日に開催しました。コロナ対策をした上で定員を50名、従前の半分にさせて頂きましたが、満員の盛会となしました。綾部市制施行70周年の今年、市民憲章にある「文化のかおる町にしよう」を体現したような内容になりました。第1部は、上方落語協会の露の眞さまに「手水廻し(ちょうずまわし)」プラス「どじょうすくい」を。第2部では’17年以来の、謡・尺八・仕舞のコラボを田所様・井関様、菅野様・鹿子木様、萩原様にご披露頂きました。伝統芸能を充分に楽しめたひとときでした。来年も乞うご期待

お月見コンサート改め「宝住寺:秋の文化祭」

19年目を迎える「お月見コンサート」。やはりコロナの影響は避けられません。
夕景に開催していたものをリニューアル。「宝住寺:秋の文化祭」として昼間に定員を半減して開催します。Autumn culture festival in 宝住寺 #1、どうぞよろしくお願いします。

地蔵盆

夏の各種行事がコロナウイルスの影響を受け中止や縮小される中、もうすぐ300年目を迎える花ノ木地蔵さんの地蔵盆に招かれました。
子供さんの参加を自粛されたので寂しさもありましたが、役員さん達とねんごろにお勤めさせて頂きました。
読経の他、ご詠歌4曲を西福院の副住職さんと一緒にお唱えしました。

「きゅうり封じ」縮小開催について

7月第3日曜日(19日)に開催の「きゅうり封じ薬師大祭」につき、今年は新型コロナウイルス感染予防のため大幅に縮小し、お一人ずつの個別ご祈願はせず、「疫病退散」と「心願成就」のみお勤めします。

受付時間は、午前9時~午後3時です。

なお、例年の薬師そば等のご接待は中止しますが、お札・ダルマさん・お守は授与しますので、お参りください。

皆様のご健勝をお祈り申し上げます。                    合掌