2020 大晦日

新型コロナウイルスに振り回された今年も、もうすぐ終わります。来年が少しでも、元の日常に戻れますように。
昼間に行なった「年おくりの鐘」には、ご家族三世代でのお詣りもありました。来年からも継続します。

年おくりの鐘

今まで大晦日の深夜に行なってきた除夜の鐘を、新型コロナを契機に今年から昼間に行うことにしました。変えてはいけないこと、時代や社会情勢に応じ変えなければならないこと。不易流行(ふえきりゅうこう)の言葉を実感しています。時間は大晦日の午後2時から4時まで。なお、先着200組に袋詰めのお菓子をプレゼントします。

京都新聞 12月22日 丹後中丹 地域面